Top > 生活 > みんなで考える借金返済

みんなで考える借金返済

雑誌の宣伝チラシ、街角に貼られた宣伝や郵便広告で「多重借金の整頓任せなさい」「多重負債をひとつにしませんか」と書かれた売り言葉を読むことが多いです。

そのようなものは、「整頓屋」「買取業」「つなぎ業者」という名の悪徳業者のだまし広告のときもあるということです。

このようなものを使用した場合は破産申立手順の中で免責承認を受け取れない危険がありえます。

「整理屋」というのは、広告などで多重債務者を集め、すさまじい費用を受け取って借金整理を行いますが実際は債務整頓は実行されずに、債務者はより一層の債務地獄に堕ちてしまう失敗がほぼ全部と考えてください。

「買取業」の場合分割払いで、電化用品、コンサートの券をたくさん注文させて負債人からその品々を購入額の1割あるいは額面半額で購入するという手口を使っています。

負債者は一時は現金が得られますがいずれカード会社から品物の定額の返済請求がくることになり、実際は負債額を増額させる結末になります。

この場合、クレジットカード業者相手の詐欺であるとして免責許可をもらえません。

「紹介屋」とは、金融業者から貸してもらえなくなった負債者について業者としては資金提供は全然せずに、提供をしてくれる関係無い貸し手を教えて、法外な依頼料を請求する企業です。

紹介業者は自分の手引きで金貸しが受けられたように話しますが、何もせずルールの通りやすい業者を教えているというだけです。

この場合だと債務をアップさせる結末となります。
借金 裁判

生活

関連エントリー
プロによるハウスクリーニング婚姻要件具備証明書をようやくゲットみんなで考える借金返済困っています!><
カテゴリー
更新履歴
懐かしきアニメ ドラゴンボールGT(2015年1月28日)
支払い忘れた住民税の用紙を持ちキャッシング(2014年6月26日)
ついつぶやいてしまう(2014年6月 6日)
自分の美意識からずれていると二の腕が痩せたいな、と思います(2014年5月 2日)
ゲームって一回やり始めると、止まりません(2014年5月 2日)