Top > 日記 > 就職サイトの使い方

就職サイトの使い方

今は成長企業であっても、絶対に今後も安心。そんなわけではありません。就職の際にそこのところは慎重に確認するべきである。
新卒以外で就職希望なら「採用されそうで、職業経験もつめそうな会社」なら、とにかく就職するのです。社員が数人程度の小さい会社だろうと構わないのです。実際の経験と履歴を獲得できればそれで問題ありません。
仕事探しの最中には、ぜひ自己分析(キャリアの棚卸)をしておくほうがよいのでは?とハローワークで指導されて実際にそのとおりにした。けれど、はっきり言って就職活動には全然役に立たなかったのです。
【就職活動のために】成長業界で就職できれば、ほかの業界にはないビジネスチャンスが非常にたくさんあって、新規に事業を始める機会もあれば、子会社や関連会社を新しく作ったり会社の中心事業やチームなどの責任者などをまかされる可能性が高くなるだろう。
【採用されるために】就職面接で緊張せずに最後まで答える。これを実現するにはいっぱいの慣れが必要だ。ですが、面接試験の場数をそれほど踏んでいないときには一般的に緊張します。
今の仕事の同業者の中に「父親のコネを使ってシステムエンジニアをやめてこの業界に転職をした」という異色の経歴を持つ男がいる。人の経験ではシステムエンジニアだった頃のほうが比較にならないほど仕事が楽だとのこと。

医療事務の資格を通学で取得したいと思っている人へ

日記

関連エントリー
就職サイトの使い方意外と知らないことランキングを見て決めます。困っています!><
カテゴリー
更新履歴
懐かしきアニメ ドラゴンボールGT(2015年1月28日)
支払い忘れた住民税の用紙を持ちキャッシング(2014年6月26日)
ついつぶやいてしまう(2014年6月 6日)
自分の美意識からずれていると二の腕が痩せたいな、と思います(2014年5月 2日)
ゲームって一回やり始めると、止まりません(2014年5月 2日)